胃潰瘍になりました。そして、手術、治療から、薬に頼らない方法の獲得へ

体験からの胃潰瘍の治療法と予防

*

カテーテル後遺症? 手術後の尿路感染症での発熱

      2015/10/24


st2
病院を退院してから約3週間後くらい。ちょうど、医者から言われていた禁酒期間が過ぎようとしていた頃、私は突然の発熱に襲われました。

これがまた単なる発熱なんてものではないのです。

その熱、なんと40度

最高時にはそれを越えてきました。
こんな熱は出したことがありません。

そりゃあ、子供の頃にはあったのでしょうが、大人になってからは38度を越える熱など経験ないのです。発熱した最初の日は様子を見て寝ていたのですが、次の日に熱が全然下がらないのを確認して、病院に行きました。

実は熱を出した当初から「おかしいな」とは感じていました。
何がおかしいのかというと「症状が何もない」のです。

たとえば、風邪をひいたなら喉が痛いとか咳が出るとか何かあるはずですし。扁桃腺が腫れたりしても症状でわかります。しかし、熱があることで体はつらいのですが、他の症状が何もないのです。

いったいどうして発熱しているのか。しかも、40度という高熱。

近所の病院に行こうとは思ったのですが、しかし、やはり少し考えました。

今回、私が胃潰瘍になった一番の原因が整形外科から処方されたボルタレンが原因だと推測されます。

というか、そのボルタレンをきちんとした飲み方をしなかったのが一番いけないことなのですが、いずれにしても、「高熱が出て病院に行く」ということになると、抗生剤や解熱鎮痛剤など、また強いクスリを出される可能性が高くなります。
胃潰瘍に影響のあるクスリは飲みたくありません。

インターネットで地元近辺の病院の医師を調べてみました。

近所に「○○病院の元消化器部長」という経歴を持つ院長のいる開業医があることを知りました。
まあ、やはり今は消化器専門の先生に見てもらいたいと思い、ここに行きました。

そして、とりあえず自分は胃潰瘍であることと、先日、入院したことを話して、胃に負担のかからない薬を出してくれるように頼みました。

ここの先生は人は良いのですが、何だかのんびりした先生で、血液検査も特にはせずに、「熱が出る原因っていうのは基本的に感染症と、あとは悪性腫瘍というこ
とになるからね」と言って、その中でも一般的には、扁桃腺と尿路感染症の2つが高熱の原因だとおっしゃっておりました。尿路感染症は尿道炎から腎臓に関
するまで幅広い範疇で言いますが、一番キツいのが、「腎盂腎炎」というものだそうです。

「尿路の病気」というのを生まれて初めて聞いたのですが、しかし思い当たることがありました。

私は入院した時にカテーテルを尿道に入れられているのです。
医者に聞くと、その原因でなることはあるとのこと。

結局、この医者は「感覚」で抗生剤を出してくれて、結果としては効いたのですが、しかし、検査はしていないので実際に何の病気だったのかはわかりませんでした。

熱が引いてから3週間ほど経ったある日、また少し体がダルく感じました。
そして、またもみるみるうちに熱は上がり、またも40度近くなってくるじゃないですか。

「こりゃあかんな」

と思い、別の病院に行きました。わりと馴染みの開業医です。

すぐに血液と尿検査ということになり、同時に点滴をすることになりました。入院施設のない病院なのですが、ここで2日間点滴しました。検査の結果は翌日出
て、「尿路感染症」が確定したのですが、しかし、腎盂腎炎ではないのです。それは症状からもはっきりとしていて、腎盂腎炎と重なる症状は高熱だけで、他に
尿路や腎臓、背中などに痛みはまったくないし、尿の色も変わりません。つまり「尿路感染症ではあるけど……」ということで、確定した病名は出ませんでし
た。

それでも、処方されたクラビット錠という抗生剤がよくきき、2日ほどで熱は下がりました。

しかし、また3週間後に同じように熱が出たのです。

また同じ病院に行くと、今度は「詳しく検査しましょう。尿を培養して菌を確定します」というようなことを言われ、検査をしました。1週間後の検査結果では何の菌も発見されませんでした。

今回もとりあえず、点滴と抗生剤の投与でよくなりましたが、しかし、何の発熱なのか。それはいまだにわからないままで、予防になるのかどうかわかりませんが、とにかく水分をたくさんとって、排尿を多くするようにはしていますが、なんだかよくわかりません。

まあ、しばらく何もなければもう大丈夫だと思いますけど、何だったんですかね。

 - 手術入院体験記 , , , , ,