胃潰瘍になりました。そして、手術、治療から、薬に頼らない方法の獲得へ

体験からの胃潰瘍の治療法と予防

胃潰瘍になった原因を思い出す(3) ボルタレンを無造作に飲み続けた後、あっという間に同時多発の胃出血に至る

      2015/10/24

 

1. キッカケはある症状
2. ボルタレンを無造作に
・3. あっという間に事態は急変

 

あっという間に事態は急変

その後、ボルタレンは特別に首が痛む時だけ飲んでいたのですが、一方で胃の痛みも気になってきました。
今まで経験したことのないような、鈍い痛みが胃の上方にあります。

しかし、ここがこの時またツキのなかったところで、つまり、

 

「首の痛みがひどくて、胃の痛みが打ち消されてしまう」

 

のです。
なので、胃の痛みは全然平気だったのです。

それに実際にそんなに強い痛みではありません。
腹痛全般の中でもかなり軽い方の痛みでした。

今思えば、「これなら病院に行かない人はいくらでもいるんだろうなあ」と思いました。

実際、あとで消化器の先生にきいたら

「だから、痛みを軽く見続けて、結局、吐血をして救急車でたくさんの人が病院に運ばれるんだよ」

とおっしゃっておりました。

まあ、とにかくもうこの時点で完全に発症していたのです。

この時に消化器の病院に行って胃カメラを飲んで検査していれば、手術どころか、薬の服用だけで絶対に治っていたはずです。

それを勝手に「何ともないはず」と思って、結局、大量の血を吐いて救急車で運ばれて、死んでいたかもしれないことになろうとは。

私はあんなに簡単に人が死に導かれていくということをはじめて実感しました。

「ああ、死ぬ時ってこうやってトントン拍子に進むもんなんだなあ」と、救急車の中の消え入る意識の中で考えていました。

だから、これだけは言いたいのです。

ここで私が書いたことにひとつでも当てはまることがあれば、病院に行って下さい。

たとえば、下のようなことです。

・非ステロイド系消炎鎮痛薬を服用した後、数日の間に胃の調子がふだんとは少し違う
・胃の上方が少し痛む
・ふだんはないようなめまいや立ちくらみがある(私がそうでした。胃で出血していたのです)

などです。

検査か、あるいは医者に話だけでもしてみましょう。
何でもなければそれでいいではないですか。

心配性くらいの方がいいと私は思っています。

 - 胃潰瘍の原因について , , , ,