胃潰瘍になりました。そして、手術、治療から、薬に頼らない方法の獲得へ

体験からの胃潰瘍の治療法と予防

胃潰瘍関係ニュース: 韓国人の胃がん減少、冷蔵庫のおかげ

   

胃がんの減少と冷蔵庫の普及の関係

冷蔵庫の普及と胃がんの減少に相関関係があるとした韓国のニュースです。

元記事
「韓国人の胃がん減少、冷蔵庫のおかげ」

中央日報 2011年10月27日

韓国人の胃がんを減少させたのは冷蔵庫という分析が出てきた。

ソウル医大予防医学教室のユ・グンヨン教授と国立がんセンターのシン・エソン博士チームは、1983年から低下し続けている胃がん死亡率の原因を分析した結果、冷蔵庫の普及で新鮮な果物や野菜の摂取量が増えた半面、塩分の摂取は減ったためと推定されると27日、明らかにした。

国内胃がん死亡率は1983年の人口10万人当たり46.1人から1996年には29.3人、2001年には23.5人、2007年には16.9人と減少している。

分析の結果、冷蔵庫の普及率と胃がん死亡の相関係数は-0.97~-0.82で、普及率が上がるほど死亡率は減少している。 相関係数が-1.0の場合は2つの変数が完全に反対方向に、+1.0の場合は完全に同じ方向に動く関係を意味する。

果物摂取量も胃がん死亡と相関性があると考えられる相関係数(-0.89~-0.70)だったと、研究チームは明らかにした。

今回の研究結果に関する論文は、同分野の国際学術誌「がんの原因とコントロール」(Cancer Causes and Control)最近号で発表された。

 

 - 胃潰瘍関係のニュース , , , , ,