胃潰瘍になりました。そして、手術、治療から、薬に頼らない方法の獲得へ

体験からの胃潰瘍の治療法と予防

胃潰瘍関係ニュース: ピロリ菌によりガンになりやすいか、潰瘍になりやすいかは血液型と遺伝子で決定される

   

ピロリ菌によりガンになりやすいか、潰瘍になりやすいかは血液型と遺伝子で決定される

胃の粘膜にピロリ菌が感染すると胃がんになりやすい人と、十二指腸潰瘍になりやすい人の体質の差は「血液型とひとつの遺伝子」で決まることが、東大の研究でわかったのだそうです。

元記事
がんか潰瘍か 遺伝子で予測

NHK 2012年03月05日

blood-o-type

胃の粘膜にピロリ菌が感染すると胃がんになりやすい人と、十二指腸潰瘍になりやすい人がいますが、こうした体質は血液型と1つの遺伝子で決まることが東京大学の研究で分かりました。

ピロリ菌は、日本人の大人のおよそ半数が感染しているとされ、胃がんや十二指腸潰瘍の原因となっています。
東京大学医科学研究所のグループは、胃の粘膜にピロリ菌が感染すると胃がんになりやすい人と、十二指腸潰瘍になりやすい人がいることに注目し、それぞれの患者と健康な人合わせて3万4000人の遺伝情報を分析しました。

その結果、どちらの病気になりやすいかという体質は、血液型と細胞の増殖に関係するPSCAという遺伝子によって決まることが分かりました。

PSCA遺伝子は、人によって3つの型に別れ、このうち、胃がんになりやすい型で血液型がAの場合、十二指腸潰瘍になりやすい型で血液型がOの場合に比べ、胃がんになるリスクが1.8倍に高まる一方で、十二指腸潰瘍になるリスクは3分の1と低くなっていたということです。


日本人では胃がんになりやすい型のPSCA遺伝子を持つ人の割合が欧米人よりも多かったということです。

研究にあたった松田浩一准教授は「遺伝子を調べることで、胃がんへのなりやすさが分かり、予防や早期発見につなげられる」と話しています。

 - 胃潰瘍関係のニュース , , , , ,